自動車のショールームで安全対策を装備した車を見て

昨年車検を取った時、自家用自動車の買い替えは少し前から夫と話していましたが、ダイレクトメールが届き行って見る事にしました。営業担当者の話でショールームで展示してある自動車は衝突防止の対策が出来ている新型車両ばかりで、時代の要求に添ったものばかりでした。 現在の安全対策の内容を聞きたいと言ったら快く席に案内されました。 誰しもが事故をおこしたくて起こす訳では無いのにブレーキとアクセルの踏み違いや逆走が現実にあり、連日のように痛ましい事故が報道されます。 今乗っている車は12年も前の商品なので運転者を守るエアバッグやABSの装置はあるだけです。説明によるとカメラが数台取り付けてあり、人や物の感知で動作するのことですが、装備はぜひとも欲しいと思いますが、依存していたら大変な事になり安心感は禁物と思いました。判断力が衰えたらやはり自動車の運転はやめるべきで、危うさを抱えたまま走行することは危険で凶器そのものになります。http://www.ropro.co/datsumolabo-tenpo/