物語の一人のキャラが叫んでみる手段の話などをします

叫ばずに、タイミングを、合わせようとしても、難しいので、メンバーの二人が、お互いに、叫びあっている状態にあります。時間は、どんな使い方を、していても、待ってくれるわけでなく、生きてる限り、何をしていても、止める事なんて出来ないので、どんどん流れてしまい、それは、自然において言える法則なのですが、ある意味厳しさというものを、感じさせたりもします。目的を、果たす場合にも、時間をあまり人は、むだにしたくなかったりもしています。だけど、失敗を、無駄なだけとして、考えて、それをマイナスに、考えるだけでは、先に対し、向上心の邪魔になってしまうと思うのです。なので成功するように、頑張るという気持ちが、前向きな、姿勢であると、思います。時間など、ある程度平等であったりもします。もちろん人には、それぞれ寿命というものが、あることで、生きれる時間も、それぞれなのですが。きっかけとして、メンバーの一人が、叫んで、隣の壁を、超えたとこにいるキャラに、合図のようにして、伝える事で、叫ぶ事での合図に、つながり、その状態で、また何度かタイミングを、合わせようとしています。