オール電化は意外とトラブルが多いらしいと聞く

最近では、ガスを使わずにオール電化にする家も増えているのだと小耳に挟んだりします。
ガスの主な使い道はというとコンロと給湯器だと思いますが、確かにコンロなんかはオール電化にするメリットは大きいかもしれません。
火を使わないので、火災が発生するリスクはかなり減るし、IHの調理機器には、いろいろな安全機能が付いていたりします。
それに、フラットなコンロはお手入れもしやすいし、五徳のような消耗品なんかもなくなってきます。
当然、電気代は高くなってしまうのですが、それをふまえても、オール電化にするのに、あまりネガティブな印象は持っていませんでした。
でも、先日、友だちからちょっと聞いた話で、オール電化といってもいろいろあるんだな、と思ってしまいました。
というのも、友だちは入居しているマンションがもともとオール電化だったのですが、先日、キッチンのコンロの具合が悪くなってしまったそうです。
管理会社に相談してメーカーへ連絡してみたのですが、交換できるパーツはすでに製造されておらず、キッチンをユニットごと交換しなければならなかったらしいです。
ガスのコンロならもっと簡単に済んだのですが、メーカーの保証期間も過ぎており、メーカーと管理会社とけっこう揉めたという話を聞きました。キャッシング 夜間